歯がない場合の選択肢

インプラント・入れ歯・ブリッジの比較

普段は当たり前のように使っている歯ですが、実際に失ってしまうとその重要性が身にしみて分かります。たった1本抜けただけでも食事や会話が満足にできなくなるなど、生活に不便を強いられます。

そのような状態を回復するための代表的な治療が「インプラント」「入れ歯」「ブリッジ」です。こちらでは、失ってしまった歯の機能を取り戻す3つの治療のメリット・デメリットについてご説明します。

インプラント

インプラント メリット
  • 違和感がなく、硬いものでもしっかりと噛める
  • 天然歯と変わらない自然な見た目が手に入る
  • 健康な歯を削る必要がない
  • 発音に影響がない
デメリット
  • 保険が適用されないため治療費が高い
  • 治療期間が長い

ブリッジ

ブリッジ メリット
  • 自費のものは見た目がいい
  • 保険適用のものを選べば安価
  • 違和感が少ない
デメリット
  • 健康な歯を削る必要がある
  • 食べものが挟まりやすい

入れ歯

入れ歯 メリット
  • 治療が比較的短期間で済む
  • 保険適用のもの選べば安価
  • 健康な歯を削る必要がない
デメリット
  • 固いものがしっかり噛めない
  • 発音に問題が生じることがある
  • 見た目がよくない
  • 手入れに手間がかかる
  • 違和感がある

大森駅前インプラントセンターでは、一人ひとりの患者様の症状やご希望に合った治療法をご提案しています。無料メール相談を受け付けていますので、どうぞお気軽にお問い合わせください。

インプラントについての疑問点・不明点は無料相談フォームから